くつろぎ時間がもたらすもの

投稿日: カテゴリー: コラム

”くつろぎ”が生み出す”ひらめき”

時々、度忘れしたことを一生懸命思い出そうとしていたとき、

その時はすぐ思い出せなくても、唐突に思い出したりします。

どこかで経験はないですか?

私は、運転中とかシャワー中とか、経験があります。

不思議だなあと思ってたんだんですが、科学的な根拠があったみたいです。

これは、デフォルトモードネットワーク(DMN)の影響なのだそうです。

デフォルトモードネットワーク(DMN)とは、

リラックスしている時に、活動が活発になる脳神経のネットワークのことで、創造性に深くかかわりがあることがわかってきています。

例えば、散歩中とか入浴中、運転中など、人は、過集中している時よりも、リラックスしてる状態の方が思考が内面に向きやすく、デフォルトモードネットワークが活性化するそうです。

そうすると、今までインプットされてきた記憶の整理や検索が始まり、それらの関連づけが行われて、突然ひらめきが生まれてくるのだそうですよ。

息抜きって単なる体を休めるだけだと思ってたら、そんな効果があったんですね。

そして、驚くことにこの時の脳の活動量は、仕事に集中してやっている時とさほど変わらないそうなんです。

ただ、同時に二つの領域が活動するのが難しいらしく、集中する時間とリラックスする時間、

オンとオフそれぞれが必要で、このバランスが良いとフッとひらめきが降りてくるらしいです。

大事なのは、よくひらめく人はリラックスする時間もしっかり確保しているってことです。

ですから、ただ、ぼ~っとして見えるからって脳の中までぼんやりしてるとは限らない。

今度から、何ぼ~っとしてるの!なんて無闇に声をかけられませんね。

すばらしいひらめきが生まれてくる大事なくつろぎの時間かもしれないんですから。

ところで、あなたは くつろぎの時間  とっていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です