雨が降ると具合が悪くなるそのワケは・・・

投稿日: カテゴリー: コラム

雨と体調の密接なかかわり

 

 

 

梅雨の時期になりました。

一日の内に雨が降ったりやんだり、

昨日どしゃぶりだったのに、今日になった途端、晴れになったり・・・。

この温度の差、気圧の変化が、体に影響を与え不調を訴える人が多くなる時期です。

むくみや頭痛、倦怠感、食欲不振などなど・・・

この天候と体調不良は自律神経が関係していると言われています。

雨が降る、気圧が下がる、台風、こんな天候の時は、特に体調も崩しやすいですね。

実は、このような天候のときも自律神経は、一生懸命、外気温の温度差や気圧変化を微妙に感知して、

それに対応した身体にしようとする調整機能をしようとしています。

気圧が下がったと判断すると自律神経は、副交感神経を優位にさせて体をお休みモードに切り替えようとします。

副交感神経優位になると、心身がリラックスしようとする作用がありますが、

それ以外にも血圧、血糖値、心拍数が低下したり、疲労感が出たり、意欲も低下します。

低気圧になると疲労感が出たり、眠気が出たりするのはこのためだといわれています。

また、低気圧になると体にかかる圧力が減るのでその影響で血管が広がります。

結果、血圧も下がります。

そうなるとどうなるのか・・

 

梅雨と自律神経

 

低気圧で血管が広がる・・・

その広がりが脳血管で生じたら脳神経を圧迫して頭痛が発生します。

喉の血管が広がれば気道が大きくなって喘息の症状が出やすくなります。

さらに、血流やリンパの悪くなってるため、老廃物の排出が上手くいかず、むくみの原因につながり

ます。

おまけに梅雨は、湿気が多いため汗をかくのが不十分で余計にむくみやすい時期なのです。

この天候による自律神経の調整はとても微妙なもので、台風などあまりに急激な天候の変動に自

律神経のコントロールが追いつかなくなると、体調不良や具合が悪いという症状が出たりします。

このことから考えると、梅雨時期に不調を訴える人が多いのもうなづけますね。

体調がすぐれないときは、お天気が関係してないか注意してみてください。

特に変わったことしていないのに、体がだるいとか、何となく不調などどいった症状があるときは、

コロコロ変化するお天気のせいで自律神経が乱れているのかもしれませんよ。

梅雨を避けることは難しいですから、疲労感が多くなるこの時期は、

睡眠を十分にとって温度差を感じにくくなるように冷えや暑さ対策をして、

汗をかいて水分をしっかり排出するよう心がけて・・・

とすると症状が軽くなるかと思います。

自律神経の負担を軽くしてあげることがポイントですね。

フットリフレクソロジーもおすすめです。

足のむくみや自律神経を調整して新陳代謝を活性化しますよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です